セロトニンは必須アミノ酸トリプトファンから生合成され分泌される

セロトニンは、5-ヒドロキシトリプタミン5-HTとも呼ばれ、脳幹の縫線核や腸管で必須アミノ酸であるトリプトファンから5-ヒドロキシトリプトファン5-HTP経て生成されていますが、腸管で生成されるこの神経伝達物質は脳内血液関門を通れない為、脳に作用する事はないとされています。

しかし、この神経伝達物質は体内には僅か10mg程度しか存在しないにも関わらず約90%が腸管に存在する事から、腸管で生成されるこの神経伝達物質も脳には有効とする学説が多くあります。

生体内のセロトニンは、小胞神経伝達物質輸送体タンパク質によって細胞内の小胞に取り込まれ、開口放出により細胞外に分泌され、一般に良く知られている食欲抑制作用や精神安定作用、睡眠促進作用の他にも、体温調整作用や痛覚のコントロール、性的衝動の抑制作用など多くの機能を司っています。

その為、過剰なストレスを抱えるとセロトニンを減少させるコルチゾールを副腎皮質から分泌され、急激に食欲が出てしまい過食となってしまい、セロトニンの不足がダイエットの失敗の原因になる事も多くあります。

又、この神経伝達物質は、通常生活において午後9時頃から分泌され始める為、大きな時差があると午前中に分泌され時差ボケを引き起こします。

セロトニン

▲ページトップに戻る