セロトニン!神経伝達物質!幸せホルモンとは!オキシトシン!

セロトニンは、幸せホルモンとしても知られていて、セロトニンが不足すると、うつ病や不眠症になると言われています。

神経伝達物質のセロトニンは、落ち着きを持たせる安定させる脳内物質です。

幸せホルモンと呼ばれるのに、神経伝達物質オキシトシンもあります。リラックスした状態になり、ストレスを緩和させる働きがあります。

オキシトシンは、マッサージや、家族との団欒、料理をすることでも分泌されます。

幸せホルモンを多く分泌させたい場合は、ペットと遊んだり、友達と遊んだり、好きなことをすることで、脳がリラックスした状態になり、セロトニンや、オキシトシンが多く分泌されて、ストレスが緩和させる効果が期待できます。

セロトニンは、朝起きてから朝日を浴びることで、たくさん分泌されます。

日差しを浴びないと、気分の低下や、体調不良につながる原因にもなります。朝に起きたら、朝日を浴びることを習慣にすると良いでしょう。

ウオーキングを日課に取り入れることもリラックス効果、ストレス解消につながります。

運動不足や、偏った食事により、ホルモンバランスが崩れてしまうので、日ごろから規則正しい生活と、運動を習慣にしていくことで、気分の低下や、うつを防ぐ効果もあります。

セロトニン

▲ページトップに戻る