トリプトファンとビタミンB6でセロトニンを作りながら炭水化物も吸収

セロトニンは、幸せホルモンとも呼ばれる神経伝達物質で、トリプトファンとビタミンB6を原料にする形で作られます。

不足する場合には、精神の状態が不安定になったり、睡眠の質が下がってしまうことがあります。

セロトニンを原料にする形で、安眠に欠かせないメラトニンも作られるためですが、不足させないためにはバランスが良い食事をして、笑顔を絶やさずに暮らすことも大切です。

セロトニンは脳の安定に欠かせないものですが、同様に炭水化物も大切なもので、ブドウ糖に変換されて吸収されます。

そのために、脳にとっては二つとも欠かせないもので、片方が不足する場合でも困ることになるわけです。両方を万遍なく摂取しながら、規則正しい生活をしている人は健康を維持しやすくなります。

トリプトファンはアミノ酸の一種になるため、肉や魚に多いのは当然ですが、発酵させたものには特に豊富です。

さらに、大豆食品も多く含まれていますが、納豆にはビタミンB6も同時に多くなるため、味噌汁に入れて食べることは理にかなっています。

炭水化物は主食となる穀物から吸収しながら、トリプトファンなどは主菜となる料理から吸収し、足りない分は副菜やサプリメントから吸収することも重要です。

セロトニン

▲ページトップに戻る