セロトニンの増加には規則正しい生活と太陽の光が効果的です

セロトニンとは脳内の神経伝達物質のひとつです。

気持ちを落ち着けたり、また入眠を良くしたり睡眠の質を向上させる役割を担っています。

よってセロトニンが不足すると、たとえば精神的な不安を感じやすくなって心身の状態を崩してしまったり、睡眠に関する障害が出てきて日中の生活に支障が出てくることが考えられます。

そのためこの量に気を配るのはとても重要なことです。

特に日本人は、遺伝子的にセロトニンが活用されにくい体質である人が多いと言う研究結果もあるので、自分でその量を増加させて、少しでも多くの量が活用されるように努めることが望ましいです。

セロトニンの量を増加させるためには、まず規則正しい生活を心がけることが必要です。

そしてこれは太陽の光を浴びることにもつながります。

と言うのも、規則正しい生活をしていれば、つまり夜、眠り、朝、目を覚まし、日中に活動をすると言う生活習慣を送っていれば、太陽の光は自然と浴びるためです。

逆にこのような生活習慣のリズムからは外れた生活習慣を送っていると、太陽の光を浴びることは少なくなってしまいます。

すると私たちの体で1日のリズムを刻んでいる体内時計が狂ってしまい、セロトニンの分泌量の低下を招くことにもつながります。

ですから、増加を心がけるのであれば、できるだけこのような点に気をつけることが必要です。

仕事などでどうしてもこれが難しいと言う場合には、人工的な光を上手に利用して、自分の生活習慣に合わせた朝と夜の区別をつけることが効果的です。

セロトニン

▲ページトップに戻る