セロトニンは、ノルアドレナリンやドーパミンと並ぶ3大神経伝達物質です

セロトニンは、ドーパミンやノルアドレナリンと並び3大神経伝達物質とよばれています。

ドーパミンは、フェニルアラニンやチロシンというアミノ酸がチロシン水酸化酵素やドーパ脱炭酸酵素の働きにより生合成されるカテコールアミンであり、このカテコールアミンがβ水酸化される事によりノルアドレナリンが生合成されます。

セロトニンは、必須アミノ酸トリプトファンから脳幹の縫線核で生成される為、生成量を増やすにはトリプトファンを含む食品の摂取が必須です。

セロトニンは、人間の生体活動に必須とされる成分ですが、体内に約10mg程度しか存在しないとされ、約90%が小腸粘膜のクロム親和細胞に存在し消化管の働きをコントロールしています。

残りのうち8%は、止血作用や血管の収縮作用をコントロールする為に結晶板に存在し、血流に乗って体内を循環します。

しかし、一般に知られている睡眠や精神安定などの作用に関与しているのは、脳の中枢神経に存在する僅か2%です。その為、セロトニンの不足や作用の鈍化などが生じ易く、うつ病などの精神疾患の起因となる事があり、逆に過剰にこの神経伝達物質が生成されると中毒症状を発症事もあるので、適切な量を維持する必要があります。

セロトニン

▲ページトップに戻る