女性のセロトニンは男性の半分の量しかなくて、減りやすい

セロトニンは男女関係なく存在している脳内伝達物質です。

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれており、精神状態だけではなく体調にも大きな影響を与えることがわかっています。

自律神経やホルモンのバランスを調整する役割もあるため、分泌量が減ってしまうと様々な不調が現れてくると言われています。

女性のセロトニンの総量は男性の半分ほどしかないと言われており、冷え性やストレス、イライラ、肌荒れ、便秘など様々な症状が起こりやすくなっているのです。

加齢によって減少していくと言われていますが、女性が男性の半分ほどの量しかセロトニンがないのは毎月の生理によって体内のホルモンバランスが大きく変化することが理由だと言われています。

減りやすいセロトニンを増やすためには生活習慣の改善を行うようにしましょう。

睡眠不足を解消したり、食事の時によく噛むようにして食べる、一定のリズムで筋肉を緩めたり緊張させたりを繰り返すリズム運動も効果的だと言われています。

睡眠不足を解消したりストレスをためない、過度なダイエットを行って栄養不足にならないようにするなど、毎日の生活に気をつけるだけで女性でも分泌量を向上させていくことは可能なのです。

セロトニン

▲ページトップに戻る