SSRIとSNRIは大量投与もローリスクなセロトニン再取込阻害薬

SSRIとSNRIは、共にセロトニン再取り込みですが、SNRIはセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬と呼ばれ、セロトニン濃度だけでなく怒りのホルモンとよばれるドーパミンから生成されるノルアドレナリン濃度も高める効果があり、SSRIの服用によりうつ病の症状改善が見られない時に処方されます。

SSRIは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれる第3世代の抗うつ剤であり、セロトニントランスポーターによる再取り込みを阻害する事で濃度を高め精神症状を緩和改善する効果を示します。

現在では、うつ病だけでは無く、パニック障害や強迫性障害などの精神疾患の第1選択治療薬とされています。

副作用としては、両端にベンゼン環を持つ環状構造の第一世代の三環系の抗うつ薬の様にアセチルコリンの働きを阻害し無い為、吐き気や便秘、眠気、排尿障害、動悸、不整脈、性機能障害などの症状の発生頻度も少なく、服用開始から2週間?3週間で症状が出なくなるとされています。

又、三環系抗うつ薬の様に使用依存性遮断と呼ばれるキニジン様相作用による心毒性を示す事が無いので、大量投与されても致命的な状態に陥る事が無く、安全な抗うつ薬とされています。

セロトニン

▲ページトップに戻る